~平仮名の源「て・あ」~

平仮名の源も そろそろ終盤になってきました。

image
(前 楓翠 書)

{天→て }なんてチョット想像しにくいですね。
「天」の3画目の左払いが完全に省略されて下に変化してるので、右払いも短くして省略しないと左右のバランスがとれません。←これが「て」の終筆を(上の部分より)短めにする理由です。

{安→あ }ナルホドと思いますが「安」の注意どころと、「あ」の注意どころが微妙に違うので、ここでの説明は控えます。{女→め}なので、「あ」の一画目は、ウ冠の略ですね。

◎難易度
て……★★★☆☆
あ……★★★★☆

「て」の難易度、意外と高いですよ〜(´・_・`)

(今までの「平仮名の源」を遡って、時間の有る時にボチボチと、ワタシが思う難易度を加えていこうと思ってます。カテゴリーは『文字つれづれ』です。)

LINEで送る

~平仮名の源「て・あ」~」への2件のフィードバック

  1. 『「て」の難易度、意外と高いですよ〜』
    そうかもしれませんねっ 油断して書くと
    かっこ悪くなってしまう文字ですわぁ(^_^;)
    それと「あ」って文字はホント書くのに
    私は手こずる字で先生に何回かノートに
    書いて説明して頂きましたよねっ 
    あれから上達したか、
    分かりませんが・・・えへへ(๑≧౪≦)

    1. 「あ」の難易度は、五つ星★にしようか迷いましたが、
      ワタシ的には(つまり お教えしにくい難易度?笑)「を」と「ひ」が五つ★かなァ?と。
      でも、確かに「あ」は四つ半★ぐらい難しいよね~(・_・;

      だけど 難しい字は、逆に、上手く書けると“見せ応えのある美しい字”になる事が多いので、練習し甲斐も有りますよッ^o^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>