image

🐶 月命日

昨夜🌠も
夫と二人で さめざめと泣きました。

『先月の今頃は まだ ピノちゃん居たのに…』

image

『あの時、体調の変化に もっと早く気づいてあげていれば…』

『もし、息がオカシクなり始めたのが 昼間だったら、スグ病院に行けたのに…』

『夜中でも 救急で病院に連れて行ってれば、もっと生き長らえたのか…』

『もっと頻繁に健康診断を受けていたら…』

タラレバの話をくどくどしてみたところで 時は巻き戻せないし、
笑顔の家族が大好きだったピノちゃんも喜ばないのに、
まだまだ深い喪失感から抜け出せず 涙涙の二人でした。

⬇︎二人が肌身離さず身に付けているピノコカプセル(遺骨&遺毛が入ってます)
imageimage
(夫はスマホに・私は健康ネックレスに)

🕐 🕐 🕐ちょっとタイムスリップ

ピノコの名前は、(私と次男が 故 手塚治虫先生の漫画のファンで)「ブラックジャック」の『ピノコ』の可愛らしさに似てたので 次男が名付けました。
imageimage
image

ベビーピノちゃん⬇︎(ドーナツ型クッションの穴から顔を出して)
image
この頃、仕事絡みで私達夫婦が一泊二日留守した時に 長男に任せてから、長男の大ファンになったピノコ。

🕜 🕜 🕜

明けて今日29日は、
愛娘🐶ピノコの初めての月命日です。

急性肺水腫で たった13時間ほど患っただけで急逝してしまいました。

あまりにも嘆き悲しむ私のために、
犬好きの優しい方が、『花づくし』というロウソクをくださいました。
ピノちゃんの月命日に 花の香りを灯してあげてね』と。。。

image
11月は菊で、ほのかな花の香りの中 ピノちゃんを偲びました☆
image
image
12個目の秋桜の香りの中で祈る頃は、私達も安らぎに包まれているのでしょうか…

image

⬇︎夫が釜山の私へ送信してくれた写真(10/26)
image
大好きな“おそと”で ポッチーと。
でも夫は「どことなく寂し気だった」と…

ピノコは
家族の誰が帰って来ても、10年間ずーっと、
ぷりぷりオシリと ふさふさシッポを目一杯振って 歓喜して出迎えてくれました。

🌼私達が仕事で疲れて帰った時に 喜んで出迎えてくれてありがとう

🌼遊びに出かけて放っていたのに 喜んで出迎えてくれてありがとう

🌼お兄ちゃんが半年振りに帰った時も忘れず 喜んで出迎えてくれてありがとう

🌼父さんがお酒を飲んで帰って臭くても 喜んで出迎えてくれてありがとう

🌼長い間お留守番させてしまった時も責めずに 喜んで出迎えてくれてありがとう

そして、10月27日
🌼母さんが旅から帰った時も、いつも以上に喜んで出迎えてくれてありがとう

そして、そして、10月29日
🌼母さんの腕と胸の中で 永眠してくれてありがとう

* * *

亡くなる前夜⬇︎一見、ポッチーより元気そうに見えたピノコ
image

(以下に 仏様ワンちゃん⚠️苦手な方はごめんなさい。)

💗

💗

次の夜、皆んながピノちゃんに会いに 遥々帰って来てくれました💟

image

ピノコのお話 読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る

🐶 月命日」への6件のフィードバック

  1. たくさんのありがとうを与えてくれたピノちゃん、とっても良い子ですね。パパ、ママ、ぽっちぃと、すごせたこと、幸せだったと思います。みんなの愛を感じます。かわいいピノちゃん、安らかに。

    1. ピッタリ初めての月命日に、めちゃ久しぶりにMegさんに会えたなんて。。。(°_°)
      ピノちゃんが居たからこそ、親子のように歳の離れたご近所さん:Megさんとも親しくなれました☆ありがとうが尽きません…
      Megさんチのチワワちゃん達が、ピノコの分まで元気で長生きすることを 心からお祈りしてます。

  2. ピノちゃんが亡くなって
    一か月が過ぎたんですね
    投稿写真でピノちゃんの
    赤ちゃんだった頃の一枚が
    愛らしさが飛びぬけてて心が
    とろけそうな表情を見ると
    私の物差しだけでは
    測りきれない悲しみは
    マダマダ続きそうですね(._.)

    何もできませんが
    ご夫婦で、この空虚感を
    乗り越えられる事を
    願っております♬

    1. ありがとうございます。

      ピノコがウチに来たのは生後2ヶ月余りの頃で 掌に余裕で乗りました。
      コンバースのスニーカーの空き箱で作ったベッドが大き過ぎたくらいでした。それはそれは愛くるしかったですが……
      でもね kikiさん、私は近年のピノちゃんが 途方もなく愛しくて愛しくて,可愛くて可愛くて,尊くて尊くて,しかたがなかったんです。
      ウチの子になって10年1ヶ月、お互いの愛情を積み重ねた歴史の賜物だったんですね。。。

  3. ピノちゃん…たまにお会いすると、お目々くりくりで、ワンワンと可愛いらしく吠えてくれました。突然の悲報に、胸がいっぱいでした。急性肺水腫だったのですね。うちの実家のワンちゃんも、心臓を患っておりますので、他人事とは思えません。
    「花づくし」いうロウソクで偲んでおられるのですね。ピノちゃんにも良い香りと祈りが、きっと届いていると思います。
    心よりのご冥福をお祈りいたします。

    1. 少し慣れれば とても人懐こい仔だったので、今思えば一回ぐらいkarenさんに抱っこして貰えば良かったなぁ(._.)
      肺水腫=心臓から滲み出た血液混じりの液が 肺に流れて溺れたように息苦しくなるって、亡くなった後から知りました。
      ご実家のワンちゃんも心臓が悪いのはご心配ですね…。
      ピノコは亡くなり際、凄く息苦しかったはずなのに、暴れることも,怒ることも,ドクターに噛み付くことも,…私を戸惑わせる事は一切せず、私の腕の中で静かに最後の呼吸を終えました。
      私も自分の最後の時は 見習いたい(けど、到底 真似出来ない>_<)と感心するしかない 見事に立派な逝き方でした☆ 今も、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>