嬉しいお電話☺︎~ 〠郵便添削ok👌

春日書塾のblog文字うつつを覗いていただきありがとうございます☺️

✏︎ ✏︎ ✏︎

昨日、約10年前のオトナ生徒さんSさんからお電話いただきました!

当時 彼女は、お忙しい仕事をお持ちの主婦でしたが、なかなかセンスの良い字✨を書かれる女性で、教室でも彼女の作品をしばらく貼って飾っていたのを思い出しました(^-^)

今は引っ越されて、遠く離れた他県に住んでおられますが、そこで春日書塾のホームページと このblogを見つけられて お電話いただきました😄ゥレシィ♪

Sさんは 字心の有る方なので、他の書道教室でも精進されていたようですが、

半強制的に出品させられた【展覧会】でとても嫌な思いをされたとかで。。。

当HPとblogを見つけて、特に先日の『命名…』↓の記事を読んで『あ~懐かしいセンセー(私のコト😅)の字だ…!』と思って涙がこぼれたそうです。

image

・・涙を流して貰えるほどの文字も名文も書いてないのでチトこそばかったのですが(^^;;

彼女曰く、HPやblog内画像の文字と,書に対する文章が, センセーらしく柔らかく暖かで、書の展覧会で傷ついた心が癒された涙だったそうです。それに文字以外の記事も楽しいって😆(嬉しすぎるオコトバ>_<)

(まぁ書道の展覧会って、実力だけじゃない 何かグレーなモノ☁︎が渦巻く会も少なくないので。。。今の私は無縁でして…ある意味 一匹狼です)

そして、会話の中で、✉︎郵送で添削してもらえないか❓って打診されました。

あ~ッ そう言えば、10年以上前にも名古屋に引っ越しされた方に郵送で暫く添削してたことがあったっけ^o^❕

image

はい、OKですよ🙆

🔵細筆(筆ペン含む):半紙1枚=500円 🔵ペン字:ノート1ページ=500円 で承る事にしました。✳️文字の右側は、添削用に1行分は空けておいてくださいね⚠️

★このblog読んでくださっている方も ご希望があれば、

{添削ご希望の文字や文章を書いた1枚}と{上記の添削料(100円切手×5枚)}と{ご自分の住所&宛名を書いて82円切手を添付した返信用封筒}を同封の上ご送付ください。

【宛先: 〒630-8315 奈良市中辻町32-5 春日書塾】

心を込めて添削させていただき、(到着から)一週間以内に返送いたします✉︎

《近日中に、HP「お知らせ」のページにもご案内を載せます。》

Sさん、お電話本当にありがとう~^o^♡ さだまさしさんのコンサート楽しんでね~♪

* * *

✴️次回土曜日(せいび教室)=9/17に変更

image

 

LINEで送る

嬉しいお電話☺︎~ 〠郵便添削ok👌」への4件のフィードバック

  1. 春日書塾の近所に住んでいる私からすると
    郵送で添削って事が頭に浮かばなかったんですが、
    遠方の生徒さんならソレもありやなぁ~と思いました
    これからは、まほろば教室せいび教室以外でも
    添削して喜ばれ活躍されるんですねっ(*^^)v

    1. でもね~(^^;; このblogが どれだけの人に読んで貰ってるかもワカランし、郵便添削の需要も他に有るのか?甚だ疑問やけど>_<:; 昨日のお電話で、自分の思考外の“添削ヒント”をいただいたので、取りあえず情報発信しました(^_-) ご覧の通り、ボランティア感覚というか内職レベルの設定ですが、私が唯一供給できる事なので、文字書きが苦手な人のお役に立てたら嬉しいな~

  2. 先生の柔らかく暖かな美文字が、HPのおかげで情報発信され、このような嬉しいご連絡があったのですね(^^) 郵便での添削も、遠方の方にはピッタリだと思います!ブログの記事の更新も大変だとは思いますが、私も毎回楽しく拝見させていただいております(>_<)

    1. 本当に、HPやblogって全国どこでも(てか、世界中やね)発信力が有るんですね(°_°) このblogは、日本の文字に興味のある人しか見ないだろうと思いきや…今回の方は、ひょんな事からヒットしたみたいで…どんな記事でも心して書かないといけないのでしょうか。。。❓ チョットしんどいかも(^^;;
      そんな中 コメントが励みになってます❗️ karenさんkikiさんはじめ、コメント入れてくださる方々には いつも感謝です(*^o^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>